第14回 NY MBAの会 講演内容レポート

投稿日: 更新日:

3月24日(木)、第14回NY MBAの会を開催いたしました。

今回は最近経営戦略論研究でPh.Dを取得された国際経営コンサルタントで『クラウドファンディングで夢をかなえる本』著者、元ジャニーズJr.など多彩な経歴を持つ板越ジョージさんをお迎えし、『クラウドファンディングと事業戦略』というテーマでお話していただきました。(参加者23名、うちMBAホルダー&在校生9名、他学部修士以上卒2名)

購入型で先を行く米国でのクラウドファンディングによる資金調達額の最高額は日本のそれの24倍、最大支援者数も42倍と大きく開きがあり、日本のクラウドファンディングはまだまだ伸びしろがあるとのこと。

クラウドファンディング利用者のマジョリティが30代から40代の男性(ど真ん中である管理人も何となくわかります)で、資金の調達期間としては長ければ長い方がいいというわけではなく30~45日間が最も成功しやすいことなどの板越さん独自研究の一端も開示していただきました。

またクラウドファンディングが単なる奇抜な商品アイディアを具現化する一手法というだけでなく、新製品(サービス)事業化プロセスにおいてどういったライフサイクルを提供しているのかについて、実際にコンサルティングを提供されたSleepionに関する成功事例を取り上げながら説明いただいたのは大変興味深かったです。
Sleepionの事例はこちら→https://www.makuake.com/project/sleepion/

最後にクラウドファンディングの「共創のオープン・イノベーション・モデル」の解説があり会は終了。時代の現実的な要請から生み出され発展してきたクラウドファンディングを、最新実例を交えながらアカデミックに解き明かしていただいた講演は迫力がありました。

次回のMBAの会は、4月28日(木)午後7時から、いつものGラボにて『MBA思考で考察する携帯電話事業の激変と今後のIoT戦略』をテーマに佐久間善太郎さんをお迎えして開催いたします。 是非、皆様のご参加をお待ちしております!