第17回 NYMBAの会開催レポート

投稿日: 更新日:

第17回NYMBAの会は当会のリーダーであり、日系商社で北米の発電資産の買収に携わる山本裕樹が登壇し、エコ発電の経済性や制約要因、米国政府の優遇策やエコ発電の将来などについて講演を行いました。(25名ご参加)

米国におけるエコ発電は近年の技術革新によって、ガス発電などこれまでの発電方法と変わらないくらいのコストで行えるようになってきています。しかし実際の設置に際しては環境問題、需要地との距離を埋める送電網の問題、発電のタイミングが需要ピーク時に合わないことなどの難しさもあり、なかなか導入が進まないのも事実。そこで連邦レベルでの税控除制度や州ごとのエコ発電の導入目標を設定することで政策的なバックアップを行ってきました。ただこの税控除制度については、その制度が10年以上継続されていることから、その是非が議会にて激しく議論されており、昨今ようやく徐々に控除額を減額する形で5年間の延長が認められました。こういった流れを背景に、これからは新技術で問題点を解決して行くことが必要となっています。

講演の最後には、エコ発電の技術革新に関するトピックとして、現在コロンビア大学XYZ Labにて分光学の研究をされている宮田潔志さんにもゲストとして登壇頂き、太陽電池の材料として業界を騒がせている最新物質・有機無機ハイブリットペロブスカイトという物質のすごさと将来性について熱く語ってくださいました。

あちこちで重要性を説かれているエコ発電ですが、ビジネス的観点と研究者の視点それぞれの立場から情報提供することで、参加者の皆様に少しでも有意義な会となったならばいいなと思います。

次回のNYMBAの会は開催日を通常通り木曜日に戻し、7月28日(木)の開催です!

エグゼクティブとして米国で20年以上ご活躍されてきた岡本晃志さんがご登壇、グローバル企業・人材について大いに語り、参加者の皆さんと議論するという企画です。お見逃しなく!

 

13438947_1074485909292214_7739924522107241920_n