第19回 NY MBAの会 講演内容レポート

投稿日: 更新日:

8月25日(木)、第19回NYMBAの会を開催致しました。

今回は大手航空会社でマーケティング・経営企画を担当され、日本経団連への出向、スペインのIE Business SchoolでMBA取得をされた平口さんに、日本の航空業界の歴史を解説いただき、グローバル時代に向けた新たな事業戦略のあり方についてディスカッションを行いました。

まず大手2社の航空会社の決算書を比較しながら、航空会社の収益源や、燃油費・機体のリース費用、減価償却費、またサーチャージの仕組み等、普段なんとなく感じている疑問や事実を会計上の数字の裏付けとともに理解し学びました。

そして売上の大半を占める国内需要がこれ以上の広がりをみせないことを見込んでの今後のグローバル化戦略について、アライアンスへの加盟、外資航空会社とのジョイントベンチャー、東南アジア・北米間を結ぶ三国間流動を見据えた資本提携など、収益源をグローバル化していく上での歴史や苦悩を、事実と平口さんの見解を交えてわかりやすく解説頂きました。

資本提携を行うまでの流れや出資額の妥当性についての社内議論の他にも、東京-札幌間が世界で一番旅客輸送量が多い区間であるというトリビア的な知識など、幅広い内容ながらも細かい疑問まで想定して構成された丁寧なプレゼンで、そのわかりやすさから、これまでにない来場者からの質問や意見が活発に飛び交いました。

次回のNYMBAの会は9月22日(木)です。記念すべき第20回は日本ブラインドサッカー協会 事務局長・松崎 英吾さんを日本からお招きし、NPO法人の運営についてお話し頂きます。
皆様のご参加をお待ちしております!