Past events

第24回 NY MBAの会 講演内容レポート

Posted on Updated on

【第24回NY MBA会 講演レポート】
1月26日(木)、第24回NY MBAの会を開催いたしました。
今回は『欧米市場の開拓 – 無名ブランドからメインストリームへの階段』をテーマに、MIKI HOUSE AmericasのPresidentを務めていらっしゃる竹田欣克さんをお招きし、欧米市場においてMIKI HOUSEブランドをゼロから確立されたご経験をもとに、ラグジュアリーブランディング戦略、アパレルマーケティング戦略に加え、ビジネスにおける信頼関係の構築、人脈づくりの重要性等について幅広くお話しいただきました(参加者31名、うちMBAホルダー9名、在校生2名)。

一般的に、アメリカ人は衣・食・住の中で『住』に一番投資し、続いて『食』、最後に『衣』にお金をかけると言われています。そんな米国市場で、子ども服ビジネスに新規参入することは極めてチャレンジングですが、竹田さんはボストン大学留学中にお子様にMIKI HOUSEの子ども服を着せて街を歩いていたところ「このお洋服素敵ね。どこで買ったの?」と何度も聞かれた経験から、誰がお客様なのかを間違わなければ、売れる市場は必ず存在すると確信、留学後アメリカに残り新規市場を開拓することを創業社長に進言したところ、「わかった。よかろう。でもひとりでやるんだぞ。」と言われたそうです。ところが現実は甘くなく、スーツケースに商品サンプルを詰めて朝の6時から営業に出かける毎日にへこたれそうになりながら、MIKI HOUSEの商品を扱ってくれるお店の方々との信頼関係を構築していきます。地道な営業努力と現地の人的ネットワークから得た情報に基づく顧客ターゲティングで、着実にMIKI HOUSEの名前を全米に浸透させていかれました。


プロモーションにおいては、グッチやディオールが紙面を飾るエアフランスの機内誌『Madame』での宣伝広告に加え、ブリトニースピアーズ、ジェニファー・ロペス等セレブリティの子どもに愛用してもらうことでパパラッチによる拡散が合い重なり、子ども服業界におけるラグジュアリーブランドとしてのポジションを確立しつつあります。


また2010年、大手化粧品メーカーのエスティ―ローダー創業者の令孫であるウィリアムローダー氏と出会ったことをきっかけに転機を迎えます。ウィリアムローダー氏にMIKI HOUSEの企業紹介資料と商品サンプル5セットを渡したところ、その翌週ブルーミングデールズの会長から直々に電話をもらうこととなり、その年の8月にはNY本店での出店が実現。同年フロア全体で一番の売上を叩き出す偉業を成し遂げます。ハロッズへの出店に関しても同様のトップセールスの末に子ども服フロアでの出店が決まり、着実に売上を伸ばすことで現在は欧米市場で一番大きな店舗面積を所有するまでにいたりました。


講演を締めるにあたって竹田さんは10年間欧米でのブランド戦略を実践された経験を通して3つのポイントをあげられました。①ターゲットとなる顧客のプロフィールに敏感になること、②店舗の出店や顧客ターゲティングにおけるLocationの重要性、③そして最後に「結局、人やで」というMIKI HOUSE創業者の言葉通り、人脈を大切にし、ビジネスパートナーとの当たり前の約束を当たり前に守るという信頼関係、です。


今後はこれまで築き上げた欧米でのブランド力をさらに強固なものにすべく、人種やスキルにこだわらず、MIKI HOUSEのブランドコンセプトを理解し、同ブランドを愛する熱いパッションを持った人材を育成していきたいという方針で、竹田さんのお人柄がにじみ出る印象的な言葉でした。


講演後の参加者からの質問タイムでは、E-commerceの展望と将来の日本・海外売上目標、マーケティング理論と実践との違い、参入障壁の低いファッション業界で商品の差別化をどうキープするか、などなどここでは書けない踏み込んだ内容の質疑応答が交わされました。

次回のMBAの会は、2月23日(木)午後7時から、いつものGラボにて『グローバル企業のIR戦略(仮題)』をテーマに、日系大手製造業でIR担当マネージャーを務めておられる永本多美恵さんにお話しいただきます。皆さまのご参加をお待ちしております!

 

第23回 NY MBAの会 講演内容レポート

Posted on Updated on

【第23回 NY MBAの会 講演内容レポート】
12月16日(木)、第23回NYMBAの会を開催致しました。今回は『2016年 忘年会 ~ギタリスト兼起業家・幅健司さんをお迎えして~』と題して、プロギタリストである幅健司さんをお招きし、Will – 意志をキーワードに会計からギター、そして起業へとつながっている幅さんのキャリアをお話いただき、後半ではギター演奏も披露いただきました。

幅さんはアメリカに留学後、会計を専攻して会計士としてニューヨークで活躍されながらも、本当に自分のやりたいことが出来ているのかと人生に悩まれる中で、音楽の道を志したいと強く思われていきました。会計士という収入の安定した職業から先の見えないリスクの高い音楽家を目指すことに対してはご両親も含めたまわりの方々は驚き、反対される方もおられましたが、自分の意志を貫いていかれました。

音楽の道に入るにあたってはManhattan School of Musicというニューヨークでトップの音楽大学を目指されましたが、そこは幼少期から音楽の英才教育を受けてきた生徒が集まる学校で、その段階では楽譜も読めなかったレベルにおられた幅さんにとってはとてつもなく高いハードルでした。しかし、そこからスズキメソッドなどの音楽学習方法を取り入れて音楽漬けの環境を作り、日々を過ごすことで見事に合格を勝ち取られたのは幅さんの意志の強さの証明だと伝わってきました。

また社会人であれば最低8時間は仕事をするのであれば、最低でも8時間は練習しようと強い意志を持ち、ギターの腕を磨かれたそうです。もっとも音楽家の道を志された幅さんにとってはその環境は理想郷であり、音楽家としてのスキルをアップさせていかれました。

しかし、現実としてはクラシック音楽市場は縮小しており、卒業後にプロの演奏家として生活を成り立たせているのはトップクラスの音大卒業生でも極一部ということもあって、起業という道を選びWillan Academy of Musicを設立されました。オンラインでの顧客の獲得、先生の確保、プライシングなどの様々な課題を乗り越えながら音楽教育を通じて子供たちに音楽の喜びを教えていくとともに、演奏活動と学校経営の両立によって音楽家としての活動を継続していくための方法を確立しようと奮闘されています。

後半の演奏会ではタンゴとフラメンコ、日本の作曲家である武満徹まで幅広い曲を演奏いただき、ギタリストとしての演奏スキルの高さと幅さんの世界観を表現していただきました。1月の演奏会には行きたいという声も参加者からあがる素晴らしい演奏でした。

ビジネスマン、アーティストとアントレプレナーの3つの面を見せていただき、今後の幅さんの活動の発展に期待を膨らませました。

次回は1月26日(木)午後7時よりいつものグローバルラボにて、武田秀俊さんをお招きして「NYエリアの日本人向けWebsite立ち上げ」と題して講演していただきます。
皆さまのお越しをお待ちしております!

 

15541386_1256888471051956_7200455872840754296_n

第22回 NY MBAの会 講演内容レポート

Posted on Updated on

【第22回 NY MBAの会 講演内容レポート】
11月21日(月)、第22回NY MBAの会を開催いたしました。
今回は、『日本発エンターテインメントのNY市場参入ケーススタディ』と題し、この春より日本人アーティストによるパフォーマンスイベントや戦隊ヒーローのアクター達が独自に生み出したキャラクター『サムライド』による各種公演などをプロデュースしてきたJapan Entertainment NYC代表である齋藤晃さんと、プロのスタントマンとしてご活躍中の羽賀亮洋さんをお招きし、NYでエンタメビジネスを成功させるための市場分析、ポジショニング、ターゲットセグメント分析、レベニューストリーム等について、Japan Entertainment NYCが直面している課題を踏まえ活発な議論が展開されました(参加者19名、うちMBAホルダー6名)。
齋藤さんは長年コンサルタントとしてビジネスプランを提案されてこられた経験を活かし、この春よりJapan Entertainment NYCを立ち上げ、アメリカでの成功を夢見てNYでチャレンジする若手日本人パフォーマーに焦点をあて、イベントの企画・運営をされてきました。他方、羽賀亮洋さんはパワーレンジャーのレッド役などを務めてきたプロのスタントマンで、現在はNetFlixの専属スタントマンを務める傍ら、週末のキッズ向け体操教室などを通じて将来的にはアメリカで日本のキャラクターショーを常時開催できる劇場をつくることを目標とし、NJを拠点にご活躍中です。


今回のケーススタディは、この両者がビジネスパートナーとしてタッグを組み、『サムライド』というAIに支配された人類を救う戦隊ヒーローをNYで売り出すための新規参入戦略・マーケティングプランについて、参加者の皆さんと考察を深めました。


アメリカのエンターテインメント市場は2位の日本の2.7倍もある世界一の巨大マーケットで、ライブパフォーマンスに関してはNYが全米一の市場規模があるそうです。その中で新規参入を成功させるためには、個性が光るユニークさが必要である一方、ニッチすぎると誰からも評価されないため、的確でかつピンポイントのポジショニングをすることで一程度のマーケット規模を確保することが重要になると齋藤さんは分析されていました。また、ブロードウェイミュージカルの演目別収益を比較し、有名作品を除いてその大半が赤字または初期投資の回収ができない演目ばかりであることから、費用の大半を固定費が占めるライブイベントビジネスで収益を上げることは新規参入モデルとしては非現実的であるという結論に至りました。エンターテインメントビジネスで利益を上げる理想的なモデルは、ライブイベントをカスタマーリレーションや広告宣伝と位置付け、楽曲やパフォーマンスビデオの販売促進ツールとする一方、ベースの収益はキャラクターグッズの販売や関連サービス等を多様化することで安定的に確保していくことにあります。


参加者の皆さんからは、『サムライド』の露出を増やし、付加価値をつけることが第一に必要なことではないかという意見が多数出ました。そのためにYoutubeに動画をアップして露出を増やす案や地下鉄や路上の同じ場所で毎日同じ時間にライブを行うことで口コミとビジビリティでSNS拡散をねらう案等が出ました。一方で、現状は羽賀さんがお一人でパフォーマンスをされていることから『サムライド』を毎日露出するための人材不足等課題も浮き彫りになり、同じことを継続することの難しさ、またその価値について再認識しました。


また、羽賀さんのゴールが和製キャラクター用の劇場づくりであることから、サムライドにこだわらず日本のアニメ好きを集めてファンクラブを作り、日本のキャラクタービジネス業界に売り込む案も出ました。AKB48に倣って「身近に会える戦隊ヒーロー」のようなブランディングコンセプトを決めるのもメッセージ性がありファンの心をつかみやすいのではないか等実りあるディスカッションは尽きることがありませんでした。


齋藤さんからは、ビジネスモデルやマーケティングプランを考えることは本業のコンサルタント経験を活かすことができるが、実行フェーズになると何が一番手堅い手法なのか覚悟ができず投資の規模が小さくなってしまうこと、またエンタメ業界やメディアとのネットワーク構築不足もボトルネックになっている等、Japan Entertainment NYCの運営を通じて感じられた本音もお話しいただき、参加者一同で今後の発展に期待を膨らませました。


次回のMBAの会は、12月15日(木)午後7時から、いつものGラボにて『2016年 忘年会 ~ギタリスト兼起業家・幅健司さんをお迎えして~』と題し、プロギタリストの幅健司さんによる演奏とあわせて音楽学校経営に関してお話しいただきます。ワンドリンク・軽食つき、BYOBでのご参加をお待ちしております!

 

15168731_1218324834908320_5977149291168376751_o

第21回 NY MBAの会 講演内容レポート

Posted on Updated on

【第21回 NY MBAの会 講演内容レポート】
10月27日(木)、第21回NY MBAの会を開催いたしました。
今回は、『米国でMBAをとるということ。』と題して、第一部にMBA留学準備セミナーで数多くの留学志望者を指導してきた実績を持ち、ご自身も現在コロンビア大MBA在学中の大出歩美さんにMBA留学を成功させるための正攻法についてお話しいただきました。第二部では、大出さんに加え、ハーバード大MBA卒の佐野和秀さん、William & Mary大MBA卒の永嶋慧さんをパネリストとしてお招きし、なぜ米国でMBAを取得しようと思ったのか、受験準備から合格までの道筋、苦手な科目の克服法等ご自身の経験談を交えて率直なご意見をいただきました。(参加者18名、うちMBAホルダー&在校生9名)
18年間日本に住み、語学学校を経てコロンビア大学でBA取得後、高品質の留学支援サービスを提供するベンチャー企業『TJ Advisors』で副代表としてご活躍されてきた大出歩美さんからは、MBA留学に関して下記のTIPSをお話しいただきました。

  1. MBA留学を決めてからまず取り掛かるべきことは、行きたい大学を決めること、履歴書の作成、TOEFLやIELTSの勉強がある中で、特にTOEFL/IELTSのスコアメイクが重要である。
  2. 欧米トップMBAの入学審査基準では、リーダーシップが求められる。自分のキャリアの中でどんなリーダーシップを発揮してきたかをアピールすること。
  3. なぜMBAに行きたいのか、なぜこの大学に行きたいのかを深く問い続け、自分にしか出せない明確な理由付けを用意する。行くかどうか迷う受験生は不合格になるケースが多い。
  4. 学校選びのポイントはキャンパスビジットが効果的。また、最近ではアジア圏のMBAも日本企業から評価が高く、ポストMBAのキャリアを視野に入れて進学を希望する人もいるので幅広く学校選びをするべきである。
  5. MBA留学することで得られるグローバルネットワークはお金では買えない貴重な財産。どんなMBAでも世界中に点在するMBA生とつながることができる。


また最後に、志望校からの合格を勝ち取るためには、ストーリー戦略、根拠創り、WET戦略の3つが必要であり、WET戦略ではTOEFLやGMATのスコアが少し低い場合でもアドミッションと仲良くなり、教授と連絡を取り、卒業生全員と知り合いになる等政治力を使って見事に合格を勝ち得ている生徒もいるので、合格のための努力を惜しまず前向きに頑張ってほしいとのアドバイスをいただきました。


第二部のパネルディスカッションでは、米国でのMBA留学を志望した理由として、「国際色豊かな大学ではなく、米国は世界の中心であると思っているアメリカ人の中で自分を試したかった。」や「グローバルな仕事をする中で学歴の重要性を強く感じた。」「前職のマーケティング部門で体系的な知識がなく苦労した経験から、MBAで経営全般を学び戦略部門にキャリアチェンジしていきたいと思った。」等それぞれの実体験を踏まえた志望動機をうかがいました。

また、多くの発言を求められる過酷な授業やグループディスカッションでアジア人として生き残る術として、自分が授業に貢献できる”強み”と助けてもらわなければ貢献できない“弱み”を早く理解することが重要だとお三方が口をそろえておっしゃっていました。その上で、グループワークでは役割分担を決め、貢献できる科目で実力を発揮することでメンバーからの信頼を獲得し、苦手な科目では徹底的に助けてもらいながら卒業を迎えることができたそうです。


最後に、リーダーシップ論やマーケティング理論等MBAで学んだ知識やスキームが卒業後の実務でも活きていると実感するケースについてお話しいただき、理論に裏付けされた実体験エピソードは説得力があり、MBAのケーススタディをしているような錯覚に陥るほどでした。


次回のMBAの会は、11月21日(月)午後7時から、いつものGラボにて『日本発エンターテインメントのNY市場参入ケーススタディ』をテーマに、現役コンサルタントの齋藤晃さんをお招きして、NYエンタメビジネスの実態についてケーススタディ形式でお話しいただきます。是非、皆様のご参加をお待ちしております!

 

第20回 NY MBAの会 講演内容レポート

Posted on Updated on

9月22日(木)、第20回NY MBAの会を開催いたしました。
記念すべき第20回目の今回は、リオパラリンピック視察から直行でお越し頂いた日本ブラインドサッカー協会事務局長 松崎英吾氏をお迎えし、『NPO団体の経営 ソーシャルベンチャーとしてのブラインドサッカー』と題して、ブラインドサッカー協会がその成長を軌道にのせるまでの苦労や戦略、今後の展望等についてお話しいただきました。(参加者20名、うちMBAホルダー&在校生8名)

ブラインドサッカーとは、ゴールキーパーを除くフィールドの選手が全盲の状態でプレーするフットサルのようなもので、パラリンピック公式種目でもあります。残念ながら今回日本はアジア予選で敗退しリオパラリンピック出場はなりませんでしたが、アジアはベスト4に2チームが残る強豪地域です。

日本ブラインドサッカー協会が他の障がい者スポーツ支援の非営利団体と異なる点は、寄付や政府からの補助金のみに頼らず、安定した運営を行っていくための収入源を確保すべく組織的に動いて結果を出しつつある点にあります。日本代表の試合観戦を障がい者スポーツで初めて有料化するなど、同協会の活動は他の非営利団体と一線を画しています。

もうひとつの収益の柱として、同協会は活動を行う中で得た知見をもとに、一般企業・学校向けの研修プログラムを作成・販売しています。この研修は障がい者の立場になってみることで彼らがどんなに不便な思いをしているのか、ということを追体験するという道徳のお勉強的なアプローチではなく、障がいのない人がチームワーク・リーダーシップ・ダイバーシティを理解するためのツール、というアプローチで多くの企業から研修実施の依頼を受けています。障がい者は弱いという固定概念から、サポートしてもらう・企業としてCSRの一環としてお金を出してもらうということではなく、同協会だからこそできるバリューあるものを提供して正当な対価をもらうという形式を確立させています。

研修プログラムの一例として、セミナー当日は参加者がペアになり、片方の人が目隠しをしてもう片方の人が指示を出す内容を絵に書くというワークショップでスタート。そこで、指示の出し方や視覚障がいがある方とそうでない方とのコミュニケーションの取り方の大切さ、多様性への理解に気づかされました。セミナー冒頭にこのような参加型のとっかかりを設けることで参加者のアテンションを集めることができる点も、研修というものをしっかり理解されている団体のリーダーと感心しました。

視覚が制限されている中で同じゴールを目指すには、これまでのコミュニケーション方法以外の手段で情報を共有しなければならず、このような研修は新チームのビルドアップにも効果が高いとのことです。

上記のような研修は、目的や所要日数、参加人数、予算レベルなどによって内容が細分化され、現在20種類以上の研修パッケージとなって販売されています。特に「OFFSITE」というブラインドサッカー体験プログラムでは、なかなか言葉だけでは伝わりにくいプログラムの醍醐味を、人事部の担当者に実際に肌で感じてもらい年間契約に繋げるなど、しっかりしたマーケティング戦略を持ってPDCAを回転させ、持続可能なNPO団体であり続けるための努力や工夫をこらしていらっしゃいます。

同様のことは他団体でも理論上不可能ではないと思いますが、研修プログラムのパッケージ化は非常に手間がかかり、常時メンテナンスも必要で、継続して実施するには組織力が欠かせません。もちろん脱サラして2年間無給で頑張られたという松崎さんの類まれなるご尽力とお人柄を抜きにこの強固な組織作りはありえませんが、車の両輪のようにもうひとつの輪っかとしてこれを支えているのが、スタッフ全員で一年半かけて生み出した「ブラインドサッカーを通じて、混ざり合う社会を築く」というビジョンです。ここからブレークダウンされたミッション、ゴールが効果的に設定され、本当に組織論の教科書に出てくるような組織作りをされています。

本当に学びの多い回で、これからも当会は日本ブラインドサッカー協会と松崎さん推しで行きたいと思った次第です。皆さんもぜひブラサカのHPをご覧になっていただければと存じます。http://www.b-soccer.jp/

さて、次回のMBAの会は、10月27日(木)午後7時から、いつものGラボにて『米国でMBAをとるということ。』をテーマに、①MBA留学準備セミナー、②トップMBA校在学・卒業生による座談会を開催いたします。是非、皆様のご参加をお待ちしております!

 

 

第19回 NY MBAの会 講演内容レポート

Posted on Updated on

8月25日(木)、第19回NYMBAの会を開催致しました。

今回は大手航空会社でマーケティング・経営企画を担当され、日本経団連への出向、スペインのIE Business SchoolでMBA取得をされた平口さんに、日本の航空業界の歴史を解説いただき、グローバル時代に向けた新たな事業戦略のあり方についてディスカッションを行いました。

まず大手2社の航空会社の決算書を比較しながら、航空会社の収益源や、燃油費・機体のリース費用、減価償却費、またサーチャージの仕組み等、普段なんとなく感じている疑問や事実を会計上の数字の裏付けとともに理解し学びました。

そして売上の大半を占める国内需要がこれ以上の広がりをみせないことを見込んでの今後のグローバル化戦略について、アライアンスへの加盟、外資航空会社とのジョイントベンチャー、東南アジア・北米間を結ぶ三国間流動を見据えた資本提携など、収益源をグローバル化していく上での歴史や苦悩を、事実と平口さんの見解を交えてわかりやすく解説頂きました。

資本提携を行うまでの流れや出資額の妥当性についての社内議論の他にも、東京-札幌間が世界で一番旅客輸送量が多い区間であるというトリビア的な知識など、幅広い内容ながらも細かい疑問まで想定して構成された丁寧なプレゼンで、そのわかりやすさから、これまでにない来場者からの質問や意見が活発に飛び交いました。

次回のNYMBAの会は9月22日(木)です。記念すべき第20回は日本ブラインドサッカー協会 事務局長・松崎 英吾さんを日本からお招きし、NPO法人の運営についてお話し頂きます。
皆様のご参加をお待ちしております!

第18回 NY MBAの会 講演内容レポート

Posted on Updated on

7月28日(木)、第18回NY MBAの会を開催いたしました。
今回は、1981年に渡米後35年間にわたりニューヨーク地区の多業種の大手日系米国子会社群にてマーケティング・事業戦略の分野でエグゼクティブとして経営に携わってこられた岡本晃志氏をお迎えし、『マーケティング戦略と企業戦略の同期化チャレンジ:Sync or Sink』と題して、ご自身が携わられた日系企業の米国進出プロジェクトを振り返り、成功の鍵となるエッセンスについてお話しいただきました(参加者29名、うちMBAホルダー&在校生10名)。
ピータードラッカーの『事業の目的は、顧客を創造し、その顧客を維持することである』という言葉を皮切りに、マーケティング、価値の創造、戦略に関する概念を参加者全員でディスカッションしながらレビューした後、岡本氏が携わられた日系企業のニューヨーク進出事例をご紹介いただき、その進出を妨げた要因は何かについてスタディーしました。
岡本氏からは、日本企業が陥りやすい過ちとして、


①トップの思いつきで強制的にプロジェクトが進むことが多く、戦略が不完全であるケース
②現地のトップマネジメント層とのコミュニケーションが不足しているケース
③モノづくりニッポンで製造されたプロダクトありきで戦略が練られ、現地の顧客が真に求めるプロダクトにはなっていないケース
④マーケットの移り変わりに敏感についていけないケース
⑤市場分析が不完全であるゆえ、ターゲットセグメントを間違えるケース


などが挙げられました。これに付け加え参加者からは、最近はマーケティング手法が早変わりし、どのツールを使えば効果的にターゲットセグメントにリーチできるのかを調査するのに時間を要するという意見や、海外進出のために現地へ向かった社員がプロダクトのローカライズを訴えても日本のトップマネジメントが聞く耳を持たないという意見などニューヨークで試行錯誤するビジネスパーソンの本音を共有していただきました。


最後にあらためてピータードラッカーの言葉を振り返り、顧客の声に耳を傾け、顧客が考える価値を追求すること、そしてその価値を基軸に戦略とマーケティングをシンクロさせることが成功へとつながることを参加者全員で再確認しました。


次回のMBAの会は、8月25日(木)午後7時から、いつものGラボにて日系運輸交通関連企業で経営管理を経験した平口晶子さんを迎え、『ナショナルフラッグキャリアのグローバル生き残り戦略』を開催いたします。是非、皆様のご参加をお待ちしております!